FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

【イヤホンレビュー】Carot One TITTA

先月後半にお買い物をして、まだレビューなどをしていないのでここでしてしまおうと思いました。
イヤホンとヘッドホンを購入。今回の記事ではイヤホンに関して書いておきます。


イヤホン:Carot One TITTA
キャロットワンのチッタと読むらしいです。ここは低価格な真空管ヘッドホンアンプで知ってる人は知っているでしょう。

HEADPHONEBOOK2013という雑誌に声優・アニソンシンガー4名によるイヤホン・ヘッドホンレビューの付録がついていて、
そのうちの一人である花澤香菜さんがいい音だって言ってたのが印象的で、値段も割安(定価8990円)だったので新宿のヨドバシでチェック。同じくらいの価格帯で高評価を得ているshureのSE215SPEと聴き比べてこちらを購入。

これまで使っていたイヤホンはJVCのHA-FXD80。こちらはかなりドンシャリで特徴的な音であるのでリファレンスとしては適さないでしょうが、それも合わせて3つの比較ですかね。

音場、というか音が鳴る点の距離感はSE215SPE>titta>HA-FXD80といったところでしょうか。
ただSE215SPEに関しては某氏もおっしゃってましたが、能率があまり良くなく、音量をとりづらい感じでした。
また、音自体はかなり遠くに感じられ、響きという点ではDAP直ではTITTAには及ばず、といったところ。

TITTAに関しては一聴しておってなりました。自然癒ラスボス戦(?)のfading worldという曲ですが、最初のピアノパートで耳から周りへと音が広がっていく感じがものすごく、定位自体は遠くはないけど響きという意味ではこちらのほうが広く感じました。
それでいてボーカルなどの艶もかなり綺麗。音に関してはものすごく気に入ってます。デザインもオレンジと青でオシャレ可愛い感じ。

ただTITTAなんですが、遮音性はあまり高くない、というかおそらく悪いです。
地下鉄とかに乗っている間はウォークマンNW-866の音量では最大30のうち11くらいでは殆ど音が聞こえなくなります。
そして音漏れもそこそこしているかなと思います。不満点はそれくらい。
それでも自分がよく聴く東方やアニソン、ボカロ(歌ってみた)系の曲は非常に気持ちよく聞けます。
ギターサウンドも粒が細かくて綺麗。伸びが感じられます。柔らかい音で耳が幸せ。

対してSE215は遮音性はバッチリで、そう言った意味では耳に優しいと言えるでしょう。リケーブルなどでカスタマイズもできるので、長く使うという意味ではこちらのほうが良さそう。
ただここのイヤホンを買うならSE535とかそのへんまで手を出したいですよね、なんて。


それでは今回はここまで。次回はbeyerdynamicのT90についてつらつら書こうと思います。
スポンサーサイト
  •   20, 2013 18:10
  •  0
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。